従業員の働きやすさを最優先に考える富士運輸 従業員の働きやすさを最優先に考える富士運輸

富士運輸株式会社は、競争激しい物流業界においてIT戦略と豊富な特殊車両や独自開発の車両の導入で事業を拡大している物流会社です。当社では、お客様同様働くスタッフを大切にし、業務の安全配慮はもちろんのこと、そのご家族にも安心して頂けるよう交通事故防止を最優先に取り組んでいます。ぜひ興味のある方は、当社の求人へご応募ください。

富士運輸の魅力について

現在富士運輸株式会社では、長距離乗務員、短距離乗務員、運行管理者、整備士などの求人を募集しています。こちらでは、当社の特徴や先輩の声などを紹介中。正社員からパートまでさまざまの雇用形態の求人を募集しているので、自分にピッタリな働き方が選べます。

当社の10の強み

こちらでは、富士運輸株式会社の強みを10個紹介します。正社員はもちろん、パート雇用での就労を希望される方もこの「富士運輸の10の強み」で当社の魅力について理解を深めてもらえると幸いです。

1 富士運輸グループで77拠点! 強み1

2019年は福井、大分、大牟田、山口、米子、岡山浅口、新潟、茨城、鹿島、阪神コールド・山形・岐阜・滋賀の13拠点を開設しました。2020年も複数の拠点を開設致します。

2 最新型の安全な
トラックが豊富!
強み2

当社はドライバーの命を守るために、ほぼ全車両に最新式自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)を装着しています。安全なトラックの導入により、事故発生時に被害者・加害者双方の被害が最小限にとどめるよう努めています。

3 取引先は優良企業
が500社以上!
強み3

当社は日本郵便輸送様や多数の航空会社様、上場企業も等500社以上の優良企業と契約があります。

4 管理者は立候補制! 強み4

当社では乗務員を経験したのち、運行管理者、支店長、役員、社長にキャリアアップする人もいます。学歴や年齢・性別・国籍にこだわらず、「やる気」と「成長する意欲」がある方には必ずチャンスがあります。

5 空調車や
特殊車両が多数!
強み5

航空コンテナ専用車、冷凍車、ダブルデッキ、スワップボディ、トレーラーなど車両を保有しています。多様な車種を保有することで、他社では困難な輸送案件にも対応が可能です。

6 定年は65歳! 強み6

当社は65歳が定年ですが、定年後も80歳まで雇用延長で頑張ってくれている方もいます。元気な方はより長く働ける職場です。

7 自社トラックは
すべて自社で整備!
強み7

全国の主要拠点に自社整備工場があります。50名以上の整備のプロが車検や整備を行っているほか、事故や故障にも迅速に対応します。現在、岩手・成田・長岡・栃木・静岡・三重・奈良・高松・福岡に工場があります。

8 労務関係の法令を
遵守しています!
強み8

働き方改革が進む中、法令違反や長時間労働を強いるような運送会社が存在しますが、当社では道路交通安全のISO39001やGマークを取得し、従業員の安全と労務環境の改善を最優先に行い、安心して長く働ける職場環境づくりに取り組んでいます。

9 お客様より従業員を
大切にします!
強み9

運送事業者の98%は中小零細企業です。規模が小さく、ボーナスも無く、収入も安定せず、将来の見通しが不安になる会社が少なくありません。当社では安心して働いて頂くために「従業員を第一に考える」企業方針を掲げています。

10 3年間で年商
110億円アップ!
強み10

業績好調には大きく3つの理由があります。「積極的な営業活動」「全国のネットワーク連携」「GPSと独自のシステムで空車回送の削減を行い、稼働率をアップ」で業績を大きく伸ばしていきます。

富士運輸の安全と環境対策

富士運輸株式会社では、従業員の安全を配慮した仕事環境作りを徹底しています。「自動ブレーキ」を採用した車両の導入もその取り組みの一つです。さらに、アイドリングストップや環境保全に配意した車両パーツを使用して、地球環境にも配慮した運送体制を整えています。

安全活動と事故防止の取り組み

  • 取り組み1

    後方確認用に
    カラーバックアイカメラ 標準化を推進

  • 取り組み2

    エアーバックは全車両装備

  • 取り組み3

    デジタルタコグラフ、
    ドライブレコーダー全車両装着

ご家族のために当社がしていること

  • 取り組み1

    全車両GPS装備。位置情報が見れるので安心

  • 取り組み2

    24時間運行管理実施で安心

  • 取り組み3

    永年勤続表彰制度(10年、20年)あり

column 富士運輸の車両には新車がたくさん!
最新車両で快適な運行を

富士運輸株式会社は、運転手の健康や地球環境に配慮した全国のどの地域でも走行が出来る排気ガス規制をクリアした車両をグループで1200台以上保有しています。当社では、スーパーハイルーフキャブトラックを700台近く導入。また、CDプレイヤー・FMラジオ設備も車両に標準装備しているので、長距離運転でも快適に過ごすことが可能です。そして、車内には、「蓄冷式リヤクーラー」を搭載することにより、エンジンを切っても冷房が使用できます。アイドリングせずに車内を快適な温度に保てるため、地球環境にも優しいのもポイントです。

ハイルーフキャブ

先輩の声

こちらでは、富士運輸株式会社で実際に働いている先輩社員の声を紹介します。先輩方の声を参考に、当社で勤務するイメージを持って頂けると幸いです。先輩たちと一緒に当社を盛り上げたいと思う方は、求人ページからご応募下さい。ご自分のライフスタイルに合わせて様々な地域や職種で働く事が可能です。

日本の物流を支えるやりがいのある仕事です

西森友昭(姫路支店乗務員)

西森友昭(姫路支店乗務員)

富士運輸の車庫の前を通りがかりトラックを見かけたことがきっかけで、ルート配送の仕事から長距離ドライバーに転職を決めました。入社後、前職との仕事内容の違いから戸惑いや不安が大きくなり一旦退職しました。しかし、やりがいを感じられる職場は富士運輸しかないと思いなおし、もう一度がんばれるチャンスをいただきました。再入社の際に社長から「おかえり」と声をかけていただいたときは本当にうれしかったです。長距離輸送は確かに大変だと感じるところはありますが、日本の物流を支えているというやりがいを感じられる職業です。やる気を認めていただきチャンスをもらったので、安全第一で頑張りたいと思います。

安全最優先で安心して働ける職場です

本田真也(奈良支店乗務員)

本田真也(奈良支店乗務員)

2017年に勤続20年を迎えました。入社当時は奈良本社1拠点のみで、社員数は30人ほどでした。いまとは違って新車納入もほとんどなく、先輩から受け継いだ車両を大事に乗っていました。3年後にいただいた新車がとても嬉しかった事を憶えています。会社の拡大成長とともに、私達乗務員の仕事内容や乗務する車両も格段に良くなりました。独自開発の車両・車両整備部設置・洗車機導入など設備面が整えられ、乗務員が運行に専念できる環境になりました。ISO39001道路交通安全方針に「乗務員の安全を最優先する」とあるように、安心して働ける職場になったと実感しています。若いころは無理な運行をすることもありましたが、今はこれまで培った知識や経験と日々の指導・教育のもと安全を最優先し、新しい乗務員の模範となるよう取り組んでいきたいと思います。

安全輸送でよりよい未来になるように

清水一朗(成田支店乗務員)

清水一朗(成田支店乗務員)

私はFedEx様の輸送業務を担当しています。航空貨物輸送はその特性上、とりわけ時間に厳しい業務です。運行中は常に到着時間を気にかける必要があり緊張する場面が多いのですが、だからこそ現場ではお客様に対し笑顔で挨拶することや、積極的にコミュニケーションをとり作業が円滑にできる様に心がけています。また最も気をつけていることは、急ぐあまり無理な運行にならないようにすることです。渋滞情報など連絡を密に取り合い最適なルートで、時間を気にしながらも慌てず焦らず安全運転を心掛けています。今後もプロドライバーとして安全輸送に取り組み、お客様・富士運輸・自分自身にとってもよりよい未来になるようにこれからも頑張ります。

相談・協力しあえる職場です

土屋裕輔(新潟支店)

土屋裕輔(新潟支店)

2008年、新潟支店開設時の一人目の乗務員として採用されました。開設当時は乗務員が少ないなかで、みんなで意見を出しあい協力しながら業務を行っていました。人数が増えた現在でも職場の環境はよく、気持ちよく仕事ができています。長距離輸送は運行内容によって休みが不定期になってしまいますが、運行管理者と相談しながら休みを調整できるので、平日の子どもの学校行事に参加できたり、趣味のゴルフを楽しむこともモチベーションアップのひとつになっています。これからも安全に気をつけて仕事に取り組んでまいります。

運行業務の流れ

ここでは、富士運輸株式会社で実際に運送業務を担当する乗務員(ドライバー)の一日の仕事の流れについて紹介します。正社員からパートまで、雇用形態を問わず「当社に入社したら??」というイメージを膨らませるヒントとしてご覧ください。

1日目

  • 1. 運行前点検
  • 2. 運行前点呼・出庫
  • 3. 積み込み
  • 4. 休憩

まずは、車両トラブルがないかしっかりと運行前点検をおこないます。お客様の荷物を安全に運ぶためには欠かせない作業です。 その後、事務所での運行前点呼では、アルコールチェックで飲酒運転でないことを確認します。
積込み現場では、「行き先」「数量」「時間」を確実にチェック。正確な納品作業のためにも念入りに確認します。 また、運転4時間ごとに30分休憩をしっかりと取ることで、安全運転を心掛けています。

2日目

  • 1. 荷下ろし1
  • 2. 荷下ろし2
  • 3. 休憩
  • 4. 積み込み・出発

輸送現場に到着したら、誤着がないように行き先ラベルをチェック。 傷が付かないように、荷物を丁寧に下ろします。全ての貨物を下ろしたら、残留が無いか隅々まで確認。 その後、次の運行までしっかりと休憩を取り、次の現場へと荷物を運送。時間通りに着くように交通状態なども確認するのも大切なポイント!

3日目

  • 1. 中間点呼
  • 2. 到着・荷下ろし
  • 3. 完了点呼

次の現場に向かう前にはしっかり休憩を取ります。深夜の運転は、特に注意が必要なので仮眠も大切。 午前5時に次の現場へ到着したら誤着がないように、しっかりと積み荷を確認します。 その後、事務所に戻り上長と対面点呼を取ったら業務は終了です。

Q&A

こちらでは、富士運輸株式会社に多く寄せられた質問をQ&A方式でご紹介しています。求人に応募後、面接までの準備にお役立てください。もちろん、正社員やパート採用の雇用形態や福利厚生など、Q&Aに記載されていない内容についてもお気軽にお問合せ頂けます。

応募について

q.年齢制限はありますか?【乗務員・内勤者】
a.年齢についての制限はありません。
q.採用まで、どの位の期間で分かりますか?【乗務員・内勤者】
a.面接をさせて頂いて、最短で当日、遅くとも3日以内に連絡させて頂きます。
q.過去に運転違反歴がありますが入社可能でしょうか?【乗務員・内勤者】
a.飲酒運転や死亡事故をされている場合は不採用となりますが、その他の違反は事情をお聞きし対応致します。
q.学歴によって、採用が有利になったりしますか?【乗務員・内勤者】
a.学歴は重視していません。やる気と協調性があれば大丈夫です。
q.中途採用を行なっていますか?【乗務員・内勤者】
a.当社は中途採用がメインで、多様な職種から多くの方が転職されています。
q.面接試験には、スーツ着用が必要ですか?【乗務員・内勤者】
a.スーツ着用の必要はありません。普段着でもOKです。
q.現在、他の会社で働いていますが応募は退職してからでなければ出来ませんか?【乗務員・内勤者】
a.いいえ、在職中でもOKです。働きながら面接をさせて頂き、採用が決まれば入社日程を調整致します。
q.職場見学はできますか?【乗務員・内勤者】
a.可能です。
q.未経験者は雇ってもらえないのですか?【乗務員】
a.未経験者採用可能と未経験者不可の拠点がありますので、各支店の求人内容を確認下さい。
q.ドライバーの経験が無いのですが大型の長距離希望はできますか?(大型資格あり)【乗務員】
a.まずは、近距離からスタートし、その後ステップアップし大型車での長距離勤務に従事して頂ければと思います。
q.運転免許以外に必要な資格はありますか?【乗務員】
a.フォークリフト免許が必要な業務があるので、講習費用は企業負担で免許を取得して頂いています。
q.以前、富士運輸で働いていましたが、出戻りでも面接して頂けますか?【乗務員・内勤者】
a.出戻りの方も歓迎致します。
q.持病で腰痛を持っているのですが、大丈夫ですか?【乗務員・内勤者】
a.業務に支障をきたす腰痛の方は、不採用となっています。
q.入社するまでに提出する書類はありますか?【乗務員】
a.入社時に、「運転記録証明書」と「健康診断書」を頂いています。(運転記録証明は運転免許更新センター)にて発行していただけます。
q.免許を取得して、あまり経験がないのですが?【乗務員】
a.弊社は、教育の制度が充実しておりますので問題はございません。経験が浅い方には、徐々に慣れて頂いています。
q.採用後、他支店への転属を希望すれば、転勤は可能ですか?【乗務員・内勤者】
a.転勤は可能です。家庭の事情や個人の事情をお聞きして対応します。

就業について

q.入社後、直ぐに一人で運行できますか?【乗務員】
a.運転業務を行うにあたり習得が必須なルール(社内・顧客)があります。そのため、体験入社・研修・横乗り研修・添乗指導などを経てワンマン運転をして頂きます。ワンマン運転まで経験者の方で3週間~4週間目からです。
q.仕事中、もし交通事故に遭った時はわかりますか?【乗務員】
a.電話やGPSで即座に位置情報を把握し、責任者が現場に急行し対応を行います。同時に所属支店から御家族の方へ御連絡を致します。
q.悪天候で身動きが取れなくなった場合は?【乗務員】
a.悪天候等で身動きの取れていない車両には、運行管理者から安全確認連絡とその後の指示を行います。
q.長時間の運転が心配なのですが…。【乗務員】
a.法定労働時間、拘束時間、労働時間、運転時間等、法令を遵守して運行計画を立てております。連続運転が4時間を超える運行は行いません。
q.家族のことを考えるとトラックの安全性が気になります。【乗務員】
a.安全対策のための投資を増やし、トラックの半数以上の1300台に自動ブレーキを装着し、乗務員さんの命を守っています。また完全停止タイプの自動ブレーキ付きトラックも700台以上保有しています。
q.どの様な貨物を運んでいるのですか?【乗務員】
a.大きくは、航空貨物 ・ 郵便物 ・家具・医薬品・電子部品・路線雑貨・冷凍冷蔵貨物です。
q.長距離便は高速道路を利用できるのですか?【乗務員】
a.労働時間の短縮を目的に90%以上は高速道路を利用しています。
q.トラックは担当制ですか? 乗り換えですか?【乗務員】
a.長距離便は担当制が大半です。運行管理上 乗換えが必要な便は交代制です。
q.4t車両しか乗務したことがないのですが大型車両やトレーラー車両に乗務できますか?【乗務員】
a.資格を保有している方で、入社後にスキルアップをすれば乗務可能です。
q.仕事をしながら、大型免許や牽引免許を取得できますか?【乗務員】
a.可能です。
q.事故を起したときのペナルティは?【乗務員・内勤者】
a.就業規則のルールとして労働基準法で定める範囲の減給となります。制裁金は平均日額の50%未満なので約1万円です。多額の制裁金や事故・修理・貨物の弁金の個人負担はありません。

休暇について

q.お休みは事前に分かりますか?【乗務員・内勤者】
a.1ヶ月の勤務計画は前月末には作成しております。仕事の内容により変更がある場合もございます。
q.休みを気軽に取ることはできるのでしょうか?【乗務員・内勤者】
a.子供さんの運動会や参観日が事前に分かれば休むことも可能です。
q.長距離の仕事はどれくらい家に帰れますか?【乗務員】
a.2日に1回の勤務が大半です。運行の組合せで4日に1度の場合もあります。
q.有給休暇はありますか?取得できますか?【乗務員・内勤者】
a.事前申請により有給休暇を取得して頂きます。ただし、繁忙期と重なる場合は調整いただく場合がございます。
q.特別有給休暇はありますか?【乗務員・内勤者】
a.冠婚葬祭などの『特別有給休暇』を設けています。結婚は7日間の特別有給休暇です。

給与について

q.賞与は、貰えるのですか?【乗務員・内勤者】
a.年間2回(6月・12月)支給されます。決算で利益が上がれば決算賞与もございます。(2018〜2019年は支給実績有)
q.退職金はありますか?【乗務員・内勤者】
a.勤続3年以上であります。
q.給与は振込みですか?【乗務員・内勤者】
a.月末締めで翌月25日に指定の金融機関へお振込みします。金融機関が休みの場合は前日にお振込みします。